導入事例

Y’ZD南堀江GYM/株式会社モリコーポレーション 様

本田 様

アツイ気持ちを持ったトレーナーが向き合ってくれるキックボクシングジム。

企業情報

  • ■業種

    キックボクシングジム

  • ■企業情報

    〒550-0015
    大阪府大阪市西区南堀江2丁目9番地13

  • ■URL

    http://yzdgym.com/
    Facebookページ

  • ■導入サービス

    ・pCAT for Windows
    ・継続課金

  • pCATをどんな風にお使いいただいていますか?

    キックボクシングジムの入会金と毎月の利用料金です。
    ストレッチジムも運営しているのですがそちらでも利用しています。

    ━━ pCATを導入しようとお考えになったきっかけは何でしょうか?

    月額課金もその都度の課金、そして初期費用も1度の手続きで済むという会員様の手を煩わせないというのが大きな決め手となりましたね。
    手続きも簡単というのが本当に助かります。

    ━━ pCATを利用していて良かったという点はありますか?

    使い手側からするとカードの変更や解約といった手続きが簡単なのが1番助かるんですよね。
    更新とか解約にしても処理が簡単。また解約しても復活出来たりもありがたいです。
    あとは、オープンの時にちょいちょい電話でお問合せしたんですが、丁寧に教えてもらえたことですかね。

    ━━ Y’ZDGYMの成り立ちについて教えてください。

    ここの大阪南堀江のジムは2016年8月にオープンしました。
    Y’ZD蒲田GYMは9年前からやっているんですが、石神井公園ジム、沖縄豊見城ジムと続き、そしてここ大阪ができたという経緯があります。
    ここ大阪南堀江ジムは、同じ系列のジムが下の階にあり、マシンもあり、ストレッチもできます。1つの場所でマシントレーニングが出来て、キックボクシングで体を動かし、ストレッチでケアができるトータルでできたらベストや!ということで始まりました。

    ━━ 本田様としてはどういった関わりで?

    私はずっとスポーツトレーナーをしていまして、プロのスポーツ選手やダイエットしたい方の指導をしていたのですが、縁あって6年位前にキックボクシングプロの選手の指導を任されたのが始まりでです。
    最初はその選手のトレーニングをみたり、体のケアをしたりというのがお仕事だったのですが、それが趣味が講じて僕もキックボクシングを始め、だんだんキックボクシングのトレーナーもするようになりました。
    スポーツトレーナーの僕の師匠というか先生に毎回言われていたのが「トレーナーたるもの第一の実践者であれ。」ということでして、まず自分ができるようになれということですね。
    そこからキックボクシングの方もみるようになりましたね。

    ここにいるタイ人のコーチはムエタイのトップクラスの選手なんです。
    彼らは本当に強い選手で、調べてもらえばすぐに出てくるような選手ばかりなんですね。
    つい最近まで現役だったんでめちゃくちゃ強いです。21歳とかでまだ若いんですけど。
    日本のチャンピオンクラスの選手ももちろん強いのですが、タイの選手と比べてしまうと雲泥の差というくらい圧倒的にタイの選手は強くて。
    そういった選手に教えてもらえるということも魅力の1つです。

    といいつつも、ここは皆で挨拶して始めましょうといったようにアットホームな雰囲気というのもコンセプトなんです。他のジムはプロ募集したがる傾向があると思うんですが、ここはキックボクシングを経験してきましたという人はほぼいないです。
    初心者で入られた方ばかりです。

    ━━ 格闘技を見ていると痛そう、怖いといったイメージもありますよね?

    格闘技は怖い、激しいんじゃないかとか思う方もやっぱりいると思うんです。
    でもプロになったりするわけではないので、目指すべきところは楽しんでもらいたいんです。
    キックボクシング・ムエタイって楽しいんだよということを体験だったりでまずは知ってもらいたいですね。
    もちろん本気でやられる方も応援しますけどね!
    来られる方の目的としては運動不足やダイエット・ストレス発散とか、夏までに体つくりたいという方なんかもいらっしゃいます。

    僕のイメージも入ってしまいますが東京のジムだとご自身で調べて「キックボクシングがやりたいな」と来られるのである程度動けそうな方が多いんですが、ここのジムのすごいところは「運動不足で…」と仰られると本当に運動不足の方が来られます。(笑)
    「体が固くて…」と仰られるとちょっと伸ばすだけで「イタタタ!!」という方とか。
    みんなそこからスタートです。(笑)

    ━━ それってやっぱり入りやすい空気・雰囲気があるんでしょうね!

    そうあってほしいなと思っています。
    皆さんが楽しんで頂いて満足して頂ければと思います。
    クオリティ高く、また来たいと思ってもらえるジム作りは心がけています。
    東京から出張のたびに来られてる方もいらっしゃるんですよ!

    ━━ 初心者の方から本気でやりたい方まで広く利用できるというのがY’ZDGYM様のすごいところだと思うんですが、さらに他のジムと違う点は?

    よくお聞きする話としてスポーツジムとかでもインストラクターやトレーナーはいるんですがまったくコミュニケーションもなく、会員さんが来てもそれで終わりになってしまうんですよね。
    その点、ここはコミュニケーションを大事にしています。
    通ってきてくれている会員さんには常に声をかけてフォローするという、コレ、当たり前のことなんですよ!
    当たり前のことを当たり前にやるジムでありたいと思っています。
    今、24時間のジムも出来てきて、自分でトレーニングできる方にとってはそういったところはとてもいいんですよね。
    ここに来られる方はやっぱり引っ張って欲しいという気持ちがある方がほとんどで、こっちの方が楽しくやれそうかなというフィットネス感覚で来られる方が多いです。

    ━━ コミュニケーションを大切にされているというお話をお伺いしたのですが、会員の方からすると、キックボクシングを通して本田様をはじめとする、アツイ気持ちをお持ちのトレーナーさんと向き合って頂けるのもうれしいことだと思うんですよね。

    トレーナーだけでなく、人に何かを教える人には熱量(エネルギー)が必要ですよね。
    熱量を持っている人に人はついてくると思うんですよね。
    この人の言うとおりにしておけば大丈夫!というか。
    そういったところも大事だなと思います。  

    ━━ 今後Y’ZDGYM様の目指していくところとしてはいかがですか?

    まずは楽しんで頂くことと、1つの場所で、トレーニングが出来て、マシンがあってケア出来る場所があって、ボディメイクのスペシャリストもいますし、ストレッチのトレーナーもいたり、色んな面からトータルでみれる人間がいるってあまりないと思うんですよね。
    そういうのを広めていきたいなとは思います。
    また、運動しない人や運動しなければいけない方はたくさんいると思うのでそういった方々に少しでも貢献していければということもあります。

    ━━ やってみたいな~でもキックボクシングは怖いな~という方にメッセージはありますか?

    思い立ったら吉日というか、何かのめり込めるものをつくるということが大事だと思うんですよね。キックボクシングでもスポーツでなくてもなんでもいいと思うんです。
    まず一歩踏み出してもらいたいですね。
    その中で運動を例にすれば肌や体の見栄えが変わってきたり、今まで暗そうな表情だったのが最近笑顔増えたね!とか。
    運動してる人は体に自信がついてくると自分の体を見せたくなるというか、胸張って動けるようになると思うんです。
    フィジカルな面が変わってくるとメンタルもかわってきますよね。
    全てがいい方向に向いていくと思うんですよね。
    「ここに来て変わった」なんてお話を聞けたら本当にうれしいです。
    「いやいや…」なんて言いつつ「でしょ!!」って(笑)
    何かしようとしている方でキックボクシングに興味がある方にはまずはチャレンジして頂きたいです。
    「来る者拒まず」ではないですが、来て頂いた方にはキックボクシング・ムエタイの楽しさをお伝えできる準備はできています。

    ━━ キックボクシングの楽しさとは?

    1つずつ自分の体が動くようになっていく喜びはあると思いますね。
    最初出来なかったパンチだったりキックだったりが次に来た時にきれいなキックができたとか目に見える変化が魅力であり、かつレベルがアップしていくとさらにやれることも増えていきます。
    体つきも変わりますしね!

    Y’ZDGYM様はエネルギーに満ち溢れています。
    トレーナーの方々のアツイ気持ちと夢中になれるものを見つけられた会員様の充実感の融合で
    生まれた空間なのだと感じました。
    「トレーナーたるもの第一の実践者であれ」本田様の大事にされている言葉のようにpCATも現場の声を
    第一に反映できるサービスでありたいと思います。
    本田様ありがとうございました。

    導入事例一覧へ戻る